MENU

 翌日になってメールボックスを確認してみたのですが、2通のメールが送られてきました。
1人は30歳の人妻、もう1人は39歳の人妻からでした。
2人の女性に対して返信を出していき、メール交換を始めることに成功したのです。
2人の女性とも欲求不満という部分は一致をしていました。
30歳の人妻は旦那さんのセックスが淡白で物足りないと言うのです。
もう1人の人妻は私と同様に、セックスレス状態で良き馬になっているとの事でした。
お互いに境遇が似ていると言う事もあるし、既婚者同士ということもあってプライベートな部分の干渉はしないというのは、ほぼ暗黙の了解が取れていると感じていました。
さすがにすぐに会うと言う事は女性の立場からは出来ないようでしたが、それでもメール交換は日々続けられていたのです。
半月が過ぎようとしたぐらいに、思い切って誘いの文句を書いて送ってみたのです。
すると39歳の人妻からは、かなり良好な返信を受け取ることができたのでした。
もう1人の人妻は時間が欲しいという事で、メール交換は続行となりました。
39歳の人妻と時間などの話もしていたのですが、昼間だったらいいと言うのです。
1時間程度なら仕事を抜け出すことも可能ですから、それで約束をすることになりました。
ただ、こういう顔の見えない世界ですから、相手が本当に約束を守ってくれるのかどうか、これだけが気がかりだったのです。
当日、約束の時間に待ち合わせ場所まで出かけていきました。
本当に相手の人妻がやってきてくれるのかどうか?徒労に終わるのではないか?不安な気持ちもありましたが、教えたSkypeに通知がやってきた時は、さすがに嬉しい気持ちを持つことができました。

そして見事に年上の人妻と対面をすることに成功へたのです。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトBEST5
セックスしたい時のお相手探しなら迷わずココ!